婚活サロン ずっとハートフル

結婚相談所での婚活マナー違反、何故起こる?

[営業時間] 10:00 〜 20:00 / [定休日] 年中無休 (12/31~1/3休み)

奈良の結婚相談所がお伝えする!婚活マナー違反は、何故起こる?

奈良の結婚相談所がお伝えする!婚活マナー違反は、何故起こる?

2022/11/07

こんな小さなことで分かる、あなたの婚活マナー違反

婚活では、よく話題にあがる「高望み」や「勘違い」。

 

両方とも、頭では理解できていても、知らない内にそうなっている、だから厄介ですよね。

 

しかし婚活では、そんな「高望み」や「勘違い」のせいで苦戦する方が、後を絶ちません。

 

そこで今回は、「高望み」の方や、「勘違い」を起こしやすい方が、ついやってしまう婚活のマナー違反についてご紹介したいと思います。

 

婚活でのマナーというと、それこそ沢山ありますが、その中でも、私が感じる「高望み」や「勘違い」からくるマナー違反とは?

 

スバリ!それは、「お返事のスピード」です。

 

結婚相談所では、お返事をいただく場面がいくつかあります。

 

①お見合いのお申込みが対するお返事(お見合いを受ける・受けない)

②お見合いを受ける場合の希望する日時

③お見合い後の交際希望についてのお返事(交際する・交際を断る) などがそれにあたります。

 

どれも、速やかにお返事するのがマナーとされています。

 

ただ、お見合いの予定や交際の進捗などは人によって違うため、日本結婚相談所連盟に加盟する結婚相談所では、①のお見合いのお申込みに対するお返事については10日間の猶予があります。

 

返事を放置すると、自動的に消滅(お断り)となります。

 

一度に沢山のお申込みがあって、日程調整が難しく、中々お返事できない場合もありますが、中には、「放置」が常態化している方がおられます。

 

まさにマナー違反です。

 

当相談所でも、事情がない限り「速やかな返事」をお願いをしていますが、放置する会員様がおられます。「お相手が勝手に申し込んで来たのだから、お受けしない場合は、特段返事をする必要はない」とおっしゃる方もおられます。

 

皆さん、何故マナー違反か? お気づきになられましたでしょうか?

 

マナーとはお相手を気遣って行うもの。放置しても大丈夫なのは、自分だけですよね。

 

放置された方はどうお感じになるでしょうか? 当然、そういうシステムだから仕方ないと割り切れる方もおられるかもしれません。

 

しかし、多くの方は、期待をしてお申込みされています。良い返事が来ればいいなぁと思って、返事を待っておられることでしょう。

 

お断りするなら、お断りをする意向をしっかり伝えるのがマナーだと思います。お相手の待っている時間を無駄に奪ってしまわないためにも。

 

やはり、ここには「自分が選ぶ」という意識が存在していると思います。選ばれるという意識を持った会員様はきっちりお返事をいただくことが多いです。放置されるケースは、ほぼありません。

 

②や③のお返事も同様です。「お相手に選んでもらう」と考えることができる方は、お見合い希望の日程もしっかり幅を持たせて回答いただけます。

 

お見合いの結果のお返事も極めて速やかに返してくださいます。

 

ご自身が選ぶことばかりを優先されたばかりに、「高望み」や「勘違い」も起こってしまうのだと思います。

 

そんな小さなことで!? と感じられた方がおられるかもしれません、意外とそんな小さなことがお相手にはしっかり伝わって、上手く行ったり、上手く行かなかったりします。

 

自分は

「高望み」なんかしていない!

「勘違い」なんてしてるはずがない!

と思っておられる方は、一度振り返って、返事の放置や、遅い返事になっていないか、今一度チェックしてみてください。

 

ちゃんと事情がある「放置や遅い返事」以外は、恐らく「自分が選ぶ」意識が強く、「高望み」「勘違い」になっている方だと思います。

 

いかがでしたか?

 

今回の婚活マナー違反は、男性・女性問わず、また20代・30代・40代など年代を問わず、起こってしまうことです。

 

結婚相談所で婚活中の皆さん、是非ご参考になさってください。

 

なお、日本結婚相談所連盟(IBJ)では、会員様以外の方もご確認いただけるように「お見合いのマナー」をホームページで紹介をしています。よろしければ、下記よりご覧ください。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。