婚活サロン ずっとハートフル

結婚相手として避けるべきお相手とは?

[営業時間] 10:00 〜 20:00 / [定休日] 年中無休 (12/31~1/3休み)

結婚相手として避けるべきお相手とは? 

結婚相手として避けるべきお相手とは?

2022/01/09

色んな価値観はありますが・・・

みなさん婚活をして、最終的に「この人!」と思える方と結婚される訳ですが、その最終の選び方にも、色々方法はあると思います。

 

条件だったり、相性だったり、はたまた直感だったり・・・。

 

そこで今回は、私個人の20年以上の結婚生活のことも含め、結婚相手として「避けるべきお相手」についてお伝えしたいと思います。

 

どうでしょうか?

「避ける」と聞いて、どんなお相手を想像しますか?

 

もちろん、交際中に様々なお話もされるでしょうし、お相手のご家族とも会う機会もあると思います。

その中で、「生涯この人とならやっていける、やっていけそう」と思えるからこそ、結婚を考えるようになると思いますが、反対に「この人とはダメ」と感じる場面は、どんな場面でしょうか。

例えば、

あなたのことを傷つけたり

あなたの気持ちを無視したり

自分の都合ばかりを押し付けたり

こんなことがあれば、直ぐに「ダメ」となるかもしれませんが、そうそう「ダメ」ということを判断できる場面って、パっとは思い浮かばないのではないでしょうか。

 

しかし、長く一緒にいればいるほど、「ダメ」と感じたり、違和感を覚えることがあります。

 

それはズバリ!!

相手への尊敬(リスペクト)だったり、感謝の気持ちの表し方です。

 

具体的には、「ありがとう」「ごめん」です。

これが、素直に、そして自然に言える人かどうかです。

 

どんなに仲の良い2人でも、時には気まずい雰囲気や、重い空気になることもあると思います。

 

そんな時に、「ごめん」と素直に言えるお相手とは、致命傷に(離婚にまで)至ることは少ないでしょう。

 

また、性別・年齢・家庭内での役割などに関わらず、「ありがとう」と言える関係性は、すごく大事です。毎日の当たり前に感じる日常でさえも、「あなたが居てくれるお陰」と感じて「ありがとう」を言える人なら、相手を尊敬しているはずです。 

 

そして、これも先の「ごめん」と同様に、素直に、そして自然に言える人とは、これまでどおり大きな波が起こることがなく、日常を送ることができるでしょう。

 

この2つを感じて、ちゃんと言葉に出来る人とは、長い期間一緒に過ごしていても、ストレスを感じることは少なく、一緒にいることへの安心・安定につながることだと思います。

 

裏を返すと、この2つを感じることが出来ない、感じていても言葉に出来ない方とは、ストレス抱える可能性は高く、安心・安定を感じづらくなります。

 

つまり、結婚相手としては、避けるべき相手だと言えます。

 

意外と単純なことですが、これから、嬉しい事・楽しい事・辛いこと・悲しい事、色んな日常を、しかも長い時間を一緒に過ごすことになるパートナー選びです。

 

些細なことだって、気になることも出て来ます。


そんな時に、「ありがとう」「ごめん」がお互いを支えるキーワードになります。

 

皆さんが、よく口にされる「価値観」ですが、その実体はどういうものでしょうか?

 

共通する価値観が多い方が良いとは言われますが、その全てが同じというお相手は先ずいないでしょう。

 

一つ違っても嫌な方もおられます。沢山違っていても大丈夫な人もいます。

 

そのことを考えると数ではないのかもしれません。数ではないのだとしたら、違った時の対処方法も必要ではないでしょうか。

 

だからこそ、大事にしていただきたい今回ご紹介の「ありがとう」と「ごめん」です。繰り返しになりますが、単純なこととはいえ、男性・女性を問わず、言えない人はずっと言えません。

 

日々一緒にいるお相手だからこそ、日々の小さな積み重ねが大事になります。

 

結婚には、「好き」「嫌い」の感情よりも大事なことかもしれません。

 

「ありがとう」「ごめん」の気持ちがない人、あっても言えない人、そんな人と、ずっと一緒にいたいですか?

 

もし、一緒にいたくないと思うなら、交際中に是非チェックしてみてください。チェックしてダメなら、その交際は終了にするのが、賢明です。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。