婚活サロンずっとハートフル

結婚における「よいお相手」を間違っていませんか?|奈良県 結婚相談所 ずっとハートフル

お問い合わせはこちら LINEお友達追加

結婚における「よいお相手」を間違っていませんか?|奈良県 結婚相談所 ずっとハートフル

結婚における「よいお相手」を間違っていませんか?|奈良県 結婚相談所 ずっとハートフル

2021/10/29

よいお相手って?

 

先日のブログで、恋愛と結婚の違いについて、少し触れましたが、改めて、結婚における「良い」お相手について、お伝えしたいと思いますが、

さて、そもそも「良い」お相手とは、どんなお相手のことをいうのでしょうか?

 

この質問に、先ず「条件」を思い浮かべられた方も多いのではないでしょうか。

マッチングアプリでも、結婚相談所でも、お相手選び(探し)は先ずは「条件」から検索されるのが一般的ですから、ある意味正解かもしれません。

 

しかし、その「条件」の中身が実は大事ですし、婚活の成否に大きく影響します。

よく、婚活が長引く方、上手くいかない方の典型例として、「条件が高い人」のことを、聞かれたことはありませんか?

 

例えば、男性ならお相手女性の容姿、女性ならお相手男性の年収や職業など。

 

ご自身の年齢にも依りますが、お相手への条件が高すぎて、そもそもそんな方はおられない(おられても極僅か)ので、上手く行くはずがない。内容によっては、可能性は「0(ゼロ)」ではないにしても、極めて「0(ゼロ)」に近い場合もあるかもしれませんよね。

 

なので多くの場合、条件の変更や該当者が増えるように条件を下げるなどの修正が必要になるのですよね。

 

でもそうなると、俄然テンションが下がりますよね。(お気持ちはすごく分かります)

 

なので、ずっとハートフルでは、条件の変更や下げることではなく、もう一度、結婚後の「理想の夫婦像の明確化」を徹底していただくようにしています。(想像してもらいやすいように、カップルではなく、敢えて「夫婦」という言葉を使ってお話させていただいています)

 

婚活をされると多くの方が気づくことなのですが、婚活開始当初と、ある程度の期間が経過してからでは、お相手に望むものが変化していきます。(もちろん、ずっと変わらない方もおられますが・・・)

 

活動をしていくうちに、結婚後の(夫婦になった)二人にとっての大事なものが見えてくる(具体的になってくる)からです。

 

お相手の条件を変更したり、下げたりするのに抵抗がある方は、テンションが下がるくらいなら無理に変更しなくても大丈夫です。下げなくてもいいです。

 

それよりも、結婚後の二人の生活に本当に必要なものを、明確にしてください。

それを持っている方が、あなたにとって「よいお相手」です。

 

もちろん、結婚ですからお二人だけで決められない場合もあるかもしれませんよね。ご両親やご家族も関係するかもしれません。

 

自分自身が、結婚後も両親や家族を大事したいのであれば、それを理解してくれるお相手でないといけません。例えばそんなことなんです。

 

ねっ! 結婚と恋愛、スタートから違うでしょ!

 

結婚って、夫婦って、期間限定じゃなく、正しく「一生もん」です。これから長い期間(時間)、一緒に暮らすパートナーです。

 

目に見えたり、数字に出来たりする条件だけでは、分かりませんよね。お会いして、お話して、いっぱい時間を共有して、初めて分かることがいっぱいあると思います。

デートや交際は、それをちゃんと見える・分かる時間にして欲しいと思います。

 

結果的には、条件を変更したり、下げたりしたことと同じことになるかもしれません。それでも、明らかに自分の姿勢が違うと思います。

 

条件の変更や、下げる修正はイヤイヤの「妥協」になりますが、お勧めする方法は自らの精査・選択する「決定」ですから!

 

ご自身で決定したことなら、きっとテンションを下げることなく、「よいお相手」を見つけられるはずです。

 

 

 

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。